日本の夏の食卓に欠かせない「そうめん」は、常備しておけばサッと出来るので助かりますよね。ねぎやみょうがなど、薬味とさっぱり頂くのも美味しいですが、食べ盛りの家族がいると、付け合わせに悩んでしまう事も多いそうめん。そこでオススメしたいのが、なすと豚肉を使ったボリューム満点のそうめん料理です。

【なすと豚肉の相性は抜群!】

淡泊な味わいのなすは、油と一緒に調理することでジューシーでより美味しくなります。豚肉は旨味のある脂がたっぷり。なすと豚肉を一緒に調理することで、なすが豚肉の脂を吸収し、噛むたびにじゅわ〜と染み出る旨味が味わえます。

【お財布に優しいなすと豚肉の色々調理法】

夏野菜の定番「なす」と、肉の中でも比較的安価な「豚肉」は、お財布に優しく、節約レシピの定番食材です。
どちらも切り方や調理法によって、色々な食感や味付けが楽しめるので、アイデア次第では飽きさせません!

なすは細長く割けば味の染み込みが良くなり、めんつゆに合わせると良いでしょう。乱切りにすれば、見た目や食べ応えをアップできます。細かく刻んで挽き肉と炒めると、お肉のかさ増しにもなります。

豚肉の小間切り肉は、そうめんと一緒に炒めてチャンプルーに。しゃぶしゃぶ用は湯通ししてから添えれば、そうめんのさっぱり感は損なわれずに食べ応えのある料理になりますよ。

ぜひ今年の夏は、なす×豚肉でそうめん料理を楽しんでみて下さい!

(テキスト: 宇田川 みさき)