「漬物」といえば、和食に欠かすことのできない要素のひとつで、不足しがちな野菜などをたくさん食べらるため食卓の一品として重宝しますよね。
地域により食材や漬け方なども違いたくさんの種類がありますが、ご家庭で簡単につくれるものもたくさんあるので、今が旬の夏野菜を使って自家製の「漬物」を作ってみませんか?

【漬物に適する夏野菜】

なすやきゅうりなどは昔から人々に愛され、漬物の定番となっていますね。
その他にもオクラ、トマト、ミョウガ、ゴーヤなどを漬物にすると、とってもおいしいですよ。

【使用する副材料と漬け方】

メインの食材が決まったら、使用する副材料を決めましょう。
漬物の副材料として一般的に使用するのは塩、ぬか、酒粕、みりん粕、酢、みりん、みそ、麹、しょうゆ、砂糖など。
いつもの組み合わせだけでなく、メインの食材に合わせて副材料を選んで漬けてみてはいかがでしょうか?

【漬物が余った時のアレンジレシピ】

漬物を食べきれそうにない時は、アレンジしてたくさん食べてしまいましょう!
定番のチャーハンやお茶漬けの他に、高菜漬けは豚ひき肉と合わせてしょうゆベースのパスタに、漬かりすぎてしまった白菜の漬物はお吸い物に入れたりと、アイディア次第で様々なメニューに大変身します。
漬物自体に塩分がたくさん含まれているので、味見をしながら調味料を足してくださいね。

(テキスト: 西島 槙)