【大根1本使い切ろう】
寒くなり、大根がおいしい季節になりましたね。

皆さんは大根1本の重量ってどれくらいかご存知ですか?なんと、大根1本は1kgほどあります。
おでんや鍋料理にたっぷり使うこともありますが、なかなか使い切れないという声も。
そんな時は作り置きおかずにするのがおすすめ。大根を購入した日に何種類かの作り置きおかずを作っておけば、朝ごはんやお弁当、夕食の1品として幅広く使えます。

【大根だけでも常備食品をあわせても◎】
大根の作り置きといえば、きんぴらや煮物などを思い浮かべますよね。いちょう切りや短冊切りなど切り方を変えるだけでも料理の幅がひろがります。
また、大根だけで作るのはもちろんおいしいのですが、ツナなどの常備食品と組み合わせることで、うま味がアップされるのでおすすめです。

大根の皮や葉を使ってきんぴらにするなど、大根1本を無駄なく使い切りましょう。

【お弁当に入れる時は水分を切って】
作り置きおかずの活躍シーンと言えば、お弁当。忙しい朝に作り置きおかずがあれば、パパっと詰めるだけでお弁当も即完成。

ただ、お弁当に入れる時には水分をしっかり切って入れてください。水分が多いと食中毒の原因菌が繁殖しやすくなるので、煮物やピクルスなどもできるだけ水気を切って詰めるようにしましょう。

(テキスト:管理栄養士 若子 みな美)