京都を訪れたら、必ずお土産に買う「生八橋」。ニッキがほのかに香り、あんことモチッとした生地の組み合わせが絶妙ですね。お茶請けに喜ばれるお菓子です。

生八橋の原型である「八橋」は江戸時代から作られ、琴のかたちを模したおせんべいです。その後、茶会で供されたのが好評となり、「生八橋」が販売されるようになりました。歴史をひもといてみても、古都で愛でられてきた由緒正しいお菓子であることが分かります。

正統派の和菓子のイメージが強い生八橋。おうちで作るのは難しいと思うかもしれませんが、実はレンジでカンタンに作れるんです!

レンジで手軽に作れる本格的な生八橋から、生八橋風ホットサンドやおにぎりまで豊富なラインナップでご紹介しちゃいます。それぞれのレシピから、「生八橋が大好き!」という熱意がほとばしり、あふれ出さんばかりの情熱を感じます。ある日突然、「生八橋が食べたーい!」と気持ちが高まっても、大丈夫!ぜひチャレンジしてみてください。