こんにちは!管理栄養士の小嶋 絵美です。

和食の定番であり基本の家庭料理として愛される「肉じゃが」。
ほっとする味わいがおいしく、肉も野菜も摂れるのでメインにも副菜にも大活躍です。

人気の肉じゃがですが、献立を考えるとなると「もう一品、何を合わせようか…」「バランスを考えるとどんな副菜や汁物がいいの?」「肉じゃががメインだとちょっと物足りない」など、お悩みの方も多いかもしれません。
でも、今日からは肉じゃが献立で悩まなくても大丈夫!

この記事では、『肉じゃがと相性の良い献立』をテーマに、付け合わせにおすすめの副菜・主食・汁物のレシピをたっぷりご紹介します。

読んだあとは肉じゃが献立をサクッと決められるようになりますよ!ぜひ、ご覧ください。

肉じゃがと相性の良い献立って?

肉じゃがは季節を問わず手に入りやすい、たまねぎ、にんじん、じゃがいもがたっぷり入っています。
さらに、野菜だけでなく肉もたっぷり入ることから、メインにも副菜にもなるおかずです。
使う肉は鶏肉、豚肉、牛肉など好みに合わせて自由に選べるのも魅力ですね。十人十色の肉じゃがレシピがあるはずです。

さまざまなレシピがある肉じゃがですが、基本の肉じゃがレシピといえば、食べやすく切った肉と野菜(たまねぎ、じゃがいも、にんじん)を油で炒め、だし汁と調味料(酒、砂糖、しょうゆ、みりんなど)を順に加えて、柔らかく煮込んで作ります。
仕上げに塩ゆでしたさやいんげんやいんげんを飾ると彩りよく仕上がりますよ。


「基本の肉じゃが」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1690001720/

肉じゃがに合うおすすめの献立レシピ

メインにも副菜にもなる肉じゃがですが、献立に困ったときに合わせられるおすすめレシピを、副菜・主食・汁物まで幅広くご紹介します。
和風、中華風、洋風とジャンルも豊富。普段は思いつかないような献立レシピに出会えるはずです。
脱マンネリしたいとき、レパートリーを広げたいときにも役立ちますよ!

さらに、肉じゃがと合わせてバランス良く食べられる食材の取り入れ方や、栄養面のポイントはもちろん、簡単&時短で作れる調理面のコツもお伝えします。

【副菜・定番人気】大根ときゅうりとツナのサラダ

火を使わずに作れる、簡単・時短の副菜レシピです。
煮込み料理の肉じゃがにはない、シャキシャキ食感やさっぱりとした味付けを楽しめますよ。

大根は千切りにして水にさらすことで、食感がUPします!
味付けはツナ、ポン酢、ごまだけ。シンプルだから失敗する心配がないのもうれしいですね♪

肉じゃがには含まれない、魚ならではの栄養素をツナで補えることから、栄養面でもバランスが良いですよ◎


「シャキシャキ美味しい☆大根ときゅうりとツナのサラダ」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1360006689/

【副菜・節約&簡単おかず】水菜ともやしの塩昆布ナムル

節約しながらもバランスの良い献立にしたいときにはこのレシピ!
もやしを活用して電子レンジで簡単にすぐ作れます。

こちらも肉じゃがにはないシャキっとした食感が味わえるほか、うま味成分やミネラル、食物繊維が豊富な塩昆布を和えることで、不足しがちな栄養素をおいしくプラスできます。

さらに、にんにくとごまの風味が食欲をそそり、副菜でありながらご飯が進む味付けもポイントです。


「水菜ともやしの塩昆布ナムル」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1850017538/

【主食・簡単&ヘルシー】ほうれん草のあんかけ豆腐丼

フライパンでささっと作れるほうれん草のあんかけと、レンジで温めた豆腐をご飯にのせる、お手軽丼ものレシピです。
味付けもめんつゆで簡単!肉じゃがにはない鮮やかな緑色が映える一品です。
栄養豊富な豆腐とほうれん草で、植物性たんぱく質やミネラル、ビタミンを補うことができます。

「白ご飯では物足りない」というときに、簡単に作れてバランスも良くなるので、ぜひ試してみてくださいね。


「ほうれん草のあんかけ豆腐丼」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1290015940/

【主食・子供も喜ぶ】舞茸とツナの炊き込みご飯

ツナのうま味とまいたけの香りが広がる炊き込みご飯は、子どもにも大人にも食べやすく、肉じゃが献立をボリュームたっぷりにしたいときにおすすめです!
にんじん、舞茸、ツナと調味料を炊飯器で炊き込むだけなので、作り方もとても簡単。

肉じゃがには入っていないきのこやツナを使っているので、バランス良く食べられますよ。
また、きのこで食物繊維やビタミンD、ツナでDHAやEPAを補うことができます。


「舞茸とツナの炊き込みごはん」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1560010562/

【汁物・ガッツリ】キャベツと卵の味噌汁

キャベツと卵入りの味噌汁は食べ応え十分で、栄養も豊富!

肉じゃがは肉よりも野菜が多く入っていて「肉じゃがをメインにしたとき、たんぱく質が控えめになるのでは」と気になる方もいるかもしれません。
そんな場合は、味噌汁に卵を入れるだけで手軽にたんぱく質を補うことができますよ!
また、キャベツには食物繊維や胃に優しいビタミンUが多く含まれています。

キャベツなど葉野菜を味噌汁に入れるとかさが減り、野菜をたっぷり食べられる健康的な献立になるので、ぜひ試してみてくださいね。


「キャベツと卵のお味噌汁♪」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1210006538/

【汁物・野菜たっぷり】小松菜入り具だくさんの豚汁

肉じゃがにも野菜は入っていますが、「もっと野菜たっぷりの献立にしたい」「野菜不足を解消したい」そんなときに、具だくさんの豚汁がおすすめです。

肉じゃがと豚汁はどちらも豚肉と根菜という組み合わせですが、肉じゃがのたまねぎ、にんじん、じゃがいもに加えて豚汁なら里芋や大根も食べられます。
仕上げに塩ゆでした小松菜を加えたら、彩りもばっちりですよ。


「小松菜入り、具だくさんの豚汁♪」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1510003511/

【汁物・洋風】白菜とベーコンのクリームスープ

和食の定番である肉じゃがには味噌汁を合わせることが多いですが、白菜のとろみとベーコンのうま味が魅力の、洋風のクリームスープも相性が良くおすすめです。
野菜は電子レンジ調理後、フライパンでじっくり蒸し煮にして、甘みを引き出すことでおいしく仕上がります!

たっぷりの白菜を使うレシピなので、白菜を大量消費したいときにもぜひ、お試しください。


「白菜とベーコンのクリームスープ」
このレシピをチェック ⇒ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1280002763/

肉じゃがと相性のいい付け合わせで献立のバリエーションアップ!

肉じゃが献立に困ったときはもちろん、バランス良くしたいとき、節約したいとき、ボリュームUPしたいときなど…シチュエーションに応じて選べる幅広いレシピをご紹介しました!
今までにないレシピに出会えたでしょうか?
いろいろなレシピを試して、献立のバリエーションを広げましょう!

肉じゃがは和食ですが、それにこだわらず、中華風や洋風の副菜、汁物を合わせれば、もっと気軽に献立を立てられますよ。
バランスの良さを考えるなら、肉じゃがに入っていない食材を使うのがおすすめですが、ときには食材が被っても大丈夫です。

あなた好みの肉じゃが献立を見つけて、楽しんでくださいね♪