2017年8月4日、韓国経済新聞によると、韓国の輸入車市場で5年ぶりに日本車のシェアが20%を超え、レクサスのハイブリッドモデル「ES300h」がベストセラーカーに輝いた。

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、7月の輸入車販売台数は1万7628台。前月の2万3755台に比べ25.8%減少したが、前年同月比では12.1%増加した。KAIDAのユン・デソン副会長は「夏休みに入ったことで営業に空白が生まれ、一部ブランドの供給不足もあり前月より販売量が減少したが、全体的な成長の勢いは維持されている」と説明した。

ブランド別では、メルセデス・ベンツが5472台を販売し6月に続いて1位の座を守った。続いてBMW(3188台)、レクサス(1091台)、トヨタ(1047台)、フォード(1033台)、ホンダ(1001台)、ミニ(794台)の順だった。

国別ではドイツ車が半数を超える50.2%で首位を維持したが、昨年7月の57.6%に比べると7.4ポイント下落。一方、日本車はシェア22.5%となり、2012年12月の26.2%以来、55カ月ぶりに20%台に上昇した。米国車のシェアは10.0%だった。

7月に最も売れたモデルはレクサスのハイブリッド車「ES300h」(660台)で、次いでディーゼル車のベンツ「E220d 4MATIC」(614台)、大型SUVのフォード「エクスプローラー2.3」(603台)となった。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「日本車の方がいいに決まっている。現代(ヒュンダイ)の車は品質に比べて価格が高過ぎる」「同じ金額を払うなら現代車より日本車だね」など、日本車と韓国最大手の現代自動車を比較するコメントが多く寄せられている。

また、「反日感情から離れて、冷静にみたら日本車の方が優れている」「日本車に乗っているが、走行距離が20万キロを超えているのに小さな故障もない。新しい車に変えようにも、壊れないから変えられない」「率直に言って、日本車のコストパフォーマンスは素晴らしい。修理センターが整備されたら国内は日本車であふれるだろう」など、日本車の高い品質に好意的な意見も。

その他、「一度外車に乗った人は、二度と国産車には乗らないだろうに、国産車には一大事だね」「一度乗ったら分かる。どれだけ違いがあるか」「韓国メーカーは、国内販売の車の品質を輸出仕様の車より下げて売るからこんなことになるんだ」とのコメントもあった。(翻訳・編集/三田)