2017年7月25日、韓国メディアのedailyによると、韓国では最近、中国車が猛烈な勢いで売れている。来年には年間5000台を超える見込みだ。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国自動車協会が23日発表したデータによると、今年年明けから5月までに韓国で売れた中国車は1266台。前年同期の35%増だった。通年では3000台を突破する見通しだ。韓国税関のデータによると、12年は1067台、昨年は2222台だった。ソウル首都圏と京畿道、江原道など北部地域をつなぐ高速道路の整備が進んだことも背景にあるとみられる。

中国製トラックの韓国販売も伸びている。12年はわずか4台だったが、昨年は942台に急増。乗用車だけでなく、トラックやバスも売れ始めている。韓国の輸入車業界関係者によると、中国車は韓国車に比べて低価格が売り。消費者や企業も中国の自動車技術を認めるようになっている。(翻訳・編集/大宮)