2017年6月17日、中国紙・華夏時報によると、中国初の国産大型ジェット機「C919」の受注数が安定して増えている。

中国光大銀行傘下の光大金融租賃もC919の顧客に名乗りを上げ、13日に中国商用飛機(COMAC)との間でC919を30機購入する契約を結んだことを発表した。光大金融租賃は2010年5月に創業されたリース会社で、登記資本金は37億元(約600億円)。湖北省武漢市に本部を置く。

C919は受注数がすでに600機を超えているが、このうち400機はリース会社からの発注。潤沢な資金が確保できることから、グローバル航空機メーカーにとってリース会社が重要な存在になっていることは明確になっている。

光大グループの光大金控は5月、中国で格安航空会社(LCC)を設立するマレーシアのエアアジアとの間で覚書(MOU)を結んだことを発表しており、エアアジアもC919を導入する可能性がある。(翻訳・編集/岡田)