科学技術の発展が絶えず私たちの認識を新しく塗り替え、携帯電話端末によるスマート決済が暮らし方を変えたことに感慨を覚える今、また次の新しい決済モデルが視野の中に入ってきた。スマートウォッチの人気が高まると同時に、スマートウォッチ決済が登場し、新たな決済体験が私たちの前に広がった。一財網が伝えた。

7月18日、スイスの時計メーカー「スウォッチ」は中国銀聯と提携して、上海でモバイル決済「スウォッチペイ」に対応したスマートウォッチの世界初発表会を行った。この時計のショッピング機能は充電が不要で、ネットワークに接続する必要もない。利用時には中国銀聯の決済サービス「雲閃付」(クイックパス)マークのあるPOS端末に近づければ、あっという間に決済が完了する。今回発表されたスマートウォッチは近く中国28都市で販売を開始するという。

スウォッチペイの原理は中国版のアップルペイ、サムスンペイ、ミーペイ、ファーウェイペイなどの技術達成の原理と似ており、銀聯の雲閃付ルートに接続して決済を行う。腕時計に組み込まれたNFC(近距離無線通信)利用の決済モデルの中国市場における実用可能性を切り開いたといえる。

中国銀聯はあらゆる携帯電話メーカーを引き入れて雲閃付の提携メーカーとしたのに続き、携帯性でより優れるスマートウォッチ分野でまた重要なパートナーを見つけた。18日に提携してスウォッチペイ対応のスマートウォッチを発表したスウォッチは、まさしく世界最大の腕時計グループだ。

スウォッチペイ対応のスマートウォッチは世界に先駆けて中国市場で発売される。今回の発表会では第2世代非接触型決済に対応したスマートウォッチがお目見えし、商業銀行11行が第1期協力支援銀行になった。消費者はスウォッチペイ対応のスマートウォッチを購入すれば、簡単な操作だけで、すぐにスウォッチの路面店で決済機能を有効にすることができる。スマートウォッチは今月27日から全国の指定店舗で発売される予定だ。(提供/人民網日本語版・編集KS)