アフリカ人が北京で熱中症になったというニュースが先ごろ人々の関心を集めた。なぜなら人々は、アフリカ人は肌の色も黒く、暑さや直射日光により強いと思っているからだ。科技日報が伝えた。

専門家は、「アフリカ人も熱中症になりやすいのは同じだ」と答えた。国家衛生・計画出産委員会は北京で20日、暑さ対策と洪水後の防疫などの科学知識を紹介した。

北京協和病院急診科の朱華棟副主任は、記者の質問に対して、「人間の体は高温多湿の環境に耐えられない。一定の訓練を受けていなければ、ほとんどの人は熱中症にかかってしまう」と答えた。

熱中症にかかってしまう原因として、朱氏は「高温多湿で、直射日光に晒され風通しが悪い環境において、人体の熱放射が妨げられると、体内で熱が蓄積され、熱中症になる」と話した。

朱氏は、「めまいや意識がもうろうとするなどの予兆があれば、直ちに涼しい場所に移動し、氷水で体温を下げるか、冷えたタオルで脇の下や太ももの付け根など血管が集まる場所を拭き、体温が38度に下がるまで注意が必要。周囲にいる人は救急車を呼んでほしい」とアドバイスした。(提供/人民網日本語版・編集YF)