招商銀行プライベートバンキング事業チームが米ベインキャピタルとともにこのほど発表した「2017年中国個人資産報告」によると、2016年には中国の高資産層は158万人に上り、06年には18万人だったことを考えると、過去11年間で8倍以上増加したことになる。このうち投資可能な資産が1億元(1元は約16.4円)を超える人は約12万人いるという。中国経済週刊が伝えた。

さきに胡潤研究院が発表した報告書でも、16年5月末現在、大陸部で資産額が1千万元を超える高資産層は約134万人おり、投資可能な資産が1千万元を超える人は約68万3千人だった。資産額1億元以上は約8万9千人で、15年に比べ1億1千万人増加し、投資可能な資産が1億元以上という人は約5万2500人に上った。

ベインは報告の中で、17年に中国の高資産層は187万人前後に達し、前年比18%増加すると予測する。国家統計局がこのほど発表した大陸部総人口数予測は13億8271万人で、今年末には人口100万人につき135人の高資産層がいることになり、「万分の一」よりも高い割合になるという。

資産の規模をみると、16年には高資産層は全体で49兆元の投資可能な資産を保有し、14年から16年の間の増加率は24%に達し、12〜14年の増加率を上回った。一人あたり平均は3100万元で、12〜14年の水準を基本的に維持した。

招商銀行とベインの報告によると、17年には高資産層の資産総額が58兆元に達し、前年比19%増加し、一人あたり平均は3670万元になるという。中国個人資産市場は全体として急成長期にあり、極めて大きな成長の潜在力と可能性を備えているという。

16年に全国の個人が保有する投資可能な資産の規模は全体で165兆元に達した。ここからわかるのは、中国の高資産層の資産が全国の個人資産全体の30%近くを占めているということだ。

招商銀行とベインの報告では、16年末現在、高資産層の人数が2万人を超えた省・自治区・直轄市が22カ所あり、06年には唯一広東省だけだった状況が大きく変化している。東部5省市(広東省、上海市、北京市、江蘇省、浙江省)は全国に先駆けてそれぞれ10万人を突破し、この5省市の高資産層だけで全国の約47%を占め、その保有する投資可能な資産も全国の約62%を占めたという。

統計によれば、この5省市の国内総生産(GDP)を合わせると全国の約34%を占め、5省市の高資産層の人数と資産規模の全国における割合が34%を大きく上回ることから、この5省市の経済構造と都市形態が資産の集積にプラスに働いていることがうかがえる。

招商銀行とベインの報告は高資産層のタイプを挙げて、自ら企業を立ち上げて富を築いた人が41%、ゴールドカラー労働者(頭脳労働者)が29%、同族経営企業を継承した二代目が10%、プロの投資家が5%、その他が14%としている。その他には専業主婦、スポーツ選手、俳優、画家といったセレブが含まれる。

胡潤の富豪番付「2016年胡潤千万富豪資産報告」によると、中国の高資産層の55%が企業経営者で、ゴールドカラー労働者が20%、不動産投機家が15%おり、そのほかにはプロの株式投資家は10%の割合を占めている。

招商銀行とベインの報告では、高資産層の人数が06年の18万人から16年は158万人に増加し、過去11年間、毎日400人の新メンバーが新たに加わったことになるという。(提供/人民網日本語版・編集KS)