米アップル社は2日に発表した最新の四半期報告の中で、営業収入と純利益はどちらも黒字だったが、中華圏が前年同期に比べて唯一減少したエリアになったことを明らかにした。北京晨報が伝えた。

同報告によると、同期の営業収入は454億800万ドル(1ドルは約110.7円)で同7%増加し、純利益は87億1700万ドルで同12%増加した。中華圏の営業収入は80億400万ドルで前期の107億2600万ドルに比べて25%減少し、前年同期の88億4800万ドルに比べて10%減少した。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は財務電話会議の場で、「香港市場が中華圏全体の営業収入の足を引っ張っている。大陸部市場の状況は励みになるものだ。微信(WeChat)やその他の情報サービスアプリケーションの爆発的な伸びはよいことだ。潜在的な新規ユーザーがiOSプラットフォームへの切り替えでより便利になる。iPhone(アイフォーン)やアップルの旧タイプの携帯電話でも微信は利用できるからだ」と述べた。

さきにアップルは無線技術部門の副社長だった葛越氏を中華圏の取締役社長に任命した。この動きは「アップルの中国市場へのてこ入れ」とみなされた。葛氏は「中華圏の業績を追い越し車線に戻す」任務を担うことになる。

クックCEOは、「iPhoneの発売以来、世界全体で12億台を売り上げた。これはiPhoneの発売から10年で打ち立てたまた一つの里程標だ。だが中国携帯電話市場では、中国のライバルたちの力強い成長の圧力に直面している。世界的調査会社カウンターポイントのまとめたデータをみると、このほど終わった第2四半期(4〜6月)には、アップルの市場シェアは8.2%にとどまって世界5位だった。

アップルは第3四半期(7〜9月)の営業収入を490億ドルから520億ドルの間と見込み、第2四半期の454億ドルを上回るとしている。業界では、アップルにすぐにも現金フローをもたらす「必殺技」はiPhone8の発売しかないとの見方が広がる。(提供/人民網日本語版・編集KS)