中国人観光客の海外旅行は今夏も盛んだが、ショッピングにかける費用は減り、飲食・観光費が増えている。新華社が伝えた。

Hotels.comとイプソスグループの最新の調査によると、ショッピングを主な目的とする中国人観光客の割合は今年、3分の1にまで減少した。2016年には3分の2を超えていた。

英フィナンシャル・タイムズは2日、「中国人観光客はもうショッピングを海外旅行の最大の目的としていない。これは初めてのことだ。中国人観光客は買物をするだけとの論調は弱まりつつある。彼らは旅行に体験をより求めているようだ」とのHotels.comアジア太平洋地域副社長の発言を紹介した。

オリバー・ワイマンの最新の調査によると、2016年に中国人観光客の1人あたり海外旅行費は2万元(1元は約16.5円)にまで増えたが、旅行1回あたりの買物費は約6700元にまで減った。2015年には8050元だっった。

アナリストの分析によると、海外旅行者数の増加に伴い、買物費が減るのは必然的な流れだ。海外旅行が一層普通の事になるにともない、旅行者一人あたりの可処分所得は少なくなる。

オリバー・ワイマンの関係者は「海外旅行はすでに中国人にとって普通のことになっている。その結果、中国人観光客は千差万別になる」と述べ、買物に興味のある観光客だけではなく、体験を求める観光客への準備をする必要性を指摘した。

この調査結果はフィナンシャル・タイムズの調査結果と呼応する。調査によると、中国人観光客の1人当たりの旅行費全体に占める買物費の割合は今年37%にまで減少した。2013年には47%だった。宿泊・飲食・娯楽費は31%から44%にまで増加した。

宿泊費増加の原因の1つは、滞在期間が延びたことにある。オリバー・ワイマンの調査によると、米国を訪れる中国人観光客の平均滞在日数は昨年16日間だった。2015年には9日間だった。

Hotels.comの調査によると、中国人海外旅行者の目的地は82%がアジアで、過去1年で欧州は25%、米国は12%増加した。(提供/人民網日本語版・編集NA)