アウトバウンド観光市場が異様な熱気を帯びており、今年の夏には3000万人を超える中国人観光客が海外に出かけ、再び記録を更新することが予想される。モバイルソーシャルネットワークアプリケーション・易観国際の国際ローミングサービス利用者のデータをみると、欧州ツアーや北米ツアーなどの長距離ツアーが夏に繁忙期を迎え、米国、イタリア、カナダが最も人気を集めていることがわかる。北京日報が伝えた。

同データによると、今夏もタイと日本が最も人気の高い海外旅行先だが、清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)やメーデー前後の小型連休とは異なり、夏休みは欧米への長距離路線の人気が非常に高まり、中でも米国、イタリア、カナダでの国際ローミングサービス利用者の通話料の増加率が著しい。その主な原因として、時間が自由であること、欧米の多くの国が中国人に対する査証(ビザ)発行要件の緩和政策を打ち出したことなどが挙げられる。利用者は子供連れの家族旅行の割合が高く43%に達し、レジャー旅行の34%を上回った。買い物旅行という人も17%いた。

同データによれば、時差の影響により、同サービスの利用が集中する時間は中国では夕方にあたり、航空会社、オンライン旅行会社(OTA)、銀行へ連絡を取る割合が最も高い。(提供/人民網日本語版・編集KS)