組立型コンクリート3Dプリンティング「趙州橋」は、河北工業大学土木・交通学院の馬国偉(マー・グオウェイ)教授率いるスマート建築チームが独自に設計・建造した。

橋の全長は28.1メートル、径間は18.04メートル、幅は4.2メートルとなっている。中国新聞網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/TG)