2019年12月31日、中国のテクノロジー系メディアのIT之家は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、「2019年の売上高は前年比18%増の1220億ドル(約13兆2644億円)に達し、スマートフォンの出荷台数は2億4000万台に達した」と報じた。

記事によると、ファーウェイは1カ月余り前、19年のスマートフォン出荷台数が前年より2カ月早く2億台を突破したと発表していた。

また最近は、フラッグシップモデルの「Mate 30」シリーズの出荷台数が、すでに1200万台を突破したことが判明している。

同社の18年のスマートフォン出荷台数は2億600万台だった。(翻訳・編集/柳川)