税関総署の最新統計によりますと、7月1日から10月31日までの間、海南省を離れる観光客を対象にする「離島免税政策」が実施されたことにより、海口市税関の監督管理の対象となった離島免税売上高は前年同期比214.1%増の120億1000万元、購入者数は前年同期比58.8%増の178万3000人、購入件数は前年同期比139.7%増の1286.9万件に上ったということです。

化粧品は販売量と販売額ともに首位をキープしています。売上高トップ3商品の化粧品、腕時計、アクセサリーの売上高はそれぞれ58.2億元、14.7億元、14.5億元で、それぞれ164.5%、353.8%、404.7%伸びました。3商品の売上高の合計は同じ時期の離島免税販売総額の72.8%を占めています。売上件数トップ3商品の化粧品、香水、アクセサリーの売上件数はそれぞれ1078万件、61.4万件、21.1万件で、それぞれ144.6%、205.3%、116.2%伸びました。

7月1日から、海南島を離れる観光客一人当たりの年間購入限度額が10万元に引き上げられ、商品一つにつき8000元という免税限度額が撤廃され、一回当たりの購入につき数量制限が設けられている商品の種類も大幅に減り、離島免税商品の種類も38種類から45種類に増えています。(提供/CRI)