東方航空が新たに子会社として設立した「一二三航空有限公司(略称「一二三航空」)が28日、初就航を果たし、第一便となる国産のARJ21型航空機が北京に向けて上海を出発した。一二三航空の就航によって、ARJ21型機のユーザー航空会社7社が全て、民用航空分野で運航をスタートしたことになる。新華網が伝えた。

2020年6月、国産ARJ21型航空機が、国際航空公司、東方航空、南方航空に引き渡され、中国の主流民用航空市場に参入した。同年11月には華夏航空に引き渡され、コミューター航空市場におけるシェア獲得の可能性を探った。また、それより前に引き渡された成都航空、江西航空、天驕航空を加えると、同型機を導入した民用航空会社7社がいずれも市場での運航を実現したことになる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)