2021年1月11日、韓国・朝鮮ビズによると、中国企業が相次ぎ「空飛ぶ車」のテスト飛行に成功する中、韓国では技術が最も先を進んでいる現代(ヒュンダイ)自動車でも商用化は2028年ごろになる見通しで、業界では「空飛ぶ車市場で韓国が後塵(こうじん)を拝するのでは」と懸念されている。

記事によると、これまで空飛ぶ車の開発を進めてきたのは欧米や日本など先進国のメーカーがほとんどだったが、最近、中国のドローンメーカー「億航(EHang)」が技術力の高さを立証したことで、市場における中国企業の存在が大きくなり始めた。同社は米国、カナダ、オランダ、オーストリア、カタールなど約20カ国で数千回のテスト飛行を成功させている。昨年はソウル市内で、国土交通部とソウル市が主催した行事で、同社製のドローンタクシーが飛行実験を行った。

また、吉利汽車(Geely)が17年末に買収した米国のテラフージア・トランジションは2人乗りの空陸両用機「トランジション」を生産しており、25年には4人乗りモデルも出す計画だという。小鵬汽車(Xpeng)が投資した広州匯天航空航天科技も、年内に第2世代の空飛ぶ車の試運転に入る方針だと伝えられる。記事は「中国製品の技術力と安定性が先制して認められ、量産が始まることになれば、中国企業の韓国進出も時間の問題だ」としている。

一方、韓国では現代自が26年に貨物用の空飛ぶ車を発表し、28年に都心での運営となる「電動化フライングカー」を出す計画だといい、「やや後れている」と記事は伝えている。業界関係者は「空飛ぶ車は従来にはなかった新しい市場だけに、先んじて市場支配力を確保することが重要だ」とし、「政府は関連法制度を設け企業活動を支援し、企業は技術開発の速度を上げることが課題だ」と話しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「空飛ぶ車なんて商用化した瞬間、空から凶器が落ちてくることになる。どうか、空だけは手をつけずにおこうよ」「空から車が降ってくる事故が増えるんだろうな」「地上を走る車でいい。誤作動で墜落でもしたら、負傷者はなし、死亡率100%の輸送手段だ」など、空飛ぶ車の商用化への否定的なコメントが多数寄せられている。一方で、「現代自は世界的な技術力で安全な空飛ぶ車を開発するだろう。心配しなくてもいい。中国の低レベルな技術力こそ不安だよ」という意見も見られた。

その他、「もう生産してるの?。しっかり造ってくれよ。人の命を軽く見ないで」「(記事に添付の写真を見て)これが車?。ただの有人ドローンでしょ」「ヘリコプターとどう違うの?」などの声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)