中国メディアの紅星新聞は31日、中国の大手通販サイト「淘宝(タオバオ)」の多くのゲームショップで海外版のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体とソフトが撤去されたとするSNS上への書き込みを受けて調べたところ、撤去されたのは、海外版のSwitch本体だけではなく、海外版のPS(PlayStation)とXboxもだと報じた。
記事は、「海外版のゲーム機の中には密輸や密売などの違法行為が疑われるものもある。各部品を分解して多種多様な方法で中国内に運び、組み立てて販売しているものも少なくない」とする業界関係者の話を紹介した上で、深セン税関の密輸や密売を取り締まる部署に確認を求めたところ回答はなかったと伝えている。
記事によると、国内版および保税倉庫から出荷されたSwitch本体は購入可能だという。(翻訳・編集/柳川)