コロナワクチンの接種率が高まる中、韓国ではワクチンの接種後に陽性判定を受ける事例が相次いで発生している。6月28日、韓国メディア・毎日経済が報じた。

記事によると27日、アイドルグループINFINITE(インフィニット)のソンギュは、ヤンセンファーマのワクチンを接種後、免疫が形成されるとする2週間が経過していたにもかかわらず陽性判定を受けた。感染経緯については調査中だが、抗体の形成後に感染していたことが確認されれば、ヤンセンファーマのワクチンでは初の「突破感染」事例となるという。ソンギュの所属事務所は「無症状で体調に問題はない」とし、「すべての活動を停止し、防疫当局の指示に従う」と述べているという。

韓国の防疫当局によると、「突破感染」とは各社のワクチンの接種推奨回数(アストラゼネカとファイザーは2回、ヤンセンは1回)を満たした上で、14日以上経過した後に感染した場合を意味するとのこと。突破感染者数は毎週1回集計されており、24日の時点では合計44人が推定事例に認定されたという。ワクチンの種類別では、ファイザーが26人、アストラゼネカが18人だった。現在までに重症事例と死亡事例はないとされる。韓国の中央防疫対策本部は28日午後の定例記者会見で、「突破感染44件のうち9件に変異ウイルスの分析を実施した」とし、「そのうち3件に変異が確認された」と公表している。

記事は「各ワクチンの予防効果(ファイザーは95%、アストラゼネカは62%、ヤンセンは66%)やデルタ株の拡散状況から見て、今後も『突破感染』の事例は増加する可能性がある」と報じている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「もうコロナにはうんざりだ。1年以上嫌なニュースを聞き続けてストレスもたまっているし、日常生活にも支障が出ていて本当に疲れる」「こんな時こそ能力のある指導者が必要なのに…」など、不満の声が寄せられている。

一方では「ワクチンを打ったからといって感染しないわけじゃない。感染しても回復が早いくらいに思っていた方がいい」「接種後2週間経過してから感染したのではなく、抗体ができる前に不注意で感染していた可能性もあるよね」「こうなったらファイザーやモデルナを打つしかない。アストラゼネカやヤンセンでは変異株に対応できない」「結局はKF94マスクが最高のワクチンか」「ワクチンの接種率を高めるためにNOマスクを推進しているようだけど、ワクチンを打ってもマスクは付けましょう」など、さらなる注意を喚起するコメントも多く見られた。(翻訳・編集/丸山)