米Netflixで先月17日に公開され、世界的人気となった韓国ドラマ「イカゲーム」について、韓国の張夏成(チャン・ハソン)駐中国大使は中国の60余りのサイトで違法に配信されていると指摘した。米華字メディアの多維新聞が韓国・聯合ニュースの報道を引用し、伝えた。

記事によると、張大使は6日にオンライン形式で行われた国政監査に出席した際、「イカゲーム」に関する中国での状況に言及。また、中国企業による韓国企業の商標権侵害について、「関連する状況を注視しており、引き続き中国側に対応を求めていく」との考えを示したという。

記事は、Netflixが中国市場に進出していないことを紹介する他、韓国の一部映画・ドラマは中国側の「限韓令」の影響で中国での公開が制限されたが、すぐに字幕付きで違法配信される新作は少なくないとも伝えている。(翻訳・編集/野谷)