2021年11月13日、新聞晨報は、日本語と韓国語を含む複数の言語が中国東北部を起源に持つとする論文が国際的な学術誌・ネイチャーに掲載されたことを報じた。

記事は、日本語、韓国語、古チュルク語、モンゴル語などアルタイ諸語、あるいはトランスユーラシア語などと称されるグループの言語について、いずれも9000年前の中国大陸東北部の遼河流域で発達した農業文化に起源を持つという研究結果が10日、ネイチャーに掲載されたと紹介。この研究は日本、中国、韓国のほか米国、英国、フランス、ドイツ、オランダ、オーストラリア、ロシア、ニュージーランド、チェコなど11カ国の研究者が参加し、遺伝子学、考古学、言語学の三つの観点から分析を行った結果であると伝えた。

また、朝鮮半島、日本列島、シベリア平原、さらに西アジアへと広がるこれらの言語グループをめぐっては、これまで長きにわたってその起源や関連性について言語学者の間で議論が繰り広げられてきたとしている。

この件について、中国のネットユーザーは「それが共通認識だと思っていた」「ネイチャーに発表されるのだから、間違いないだろう」「他の言語はわからないけど、韓国語の70%は中国語の発音」「中華文化はやっぱり長い歴史を持つんだな」「9000年前の中国東北部というけれど、その頃にはまだ国家という概念はなかっただろう(笑)」「9000年前じゃ中華文化の影響は関係ないだろ」「最終的には、彼らの祖先はみんな中国人だったって言い出しそう」「9000年前の遼河流域の農民は中国語ではなく、違う体系の言語を話していたということだ」といった感想を残した。(翻訳・編集/川尻)