中国の歌手で俳優のレン・ハオ(任豪、P.O.I)(26)は18日、自身の微博(ウェイボー)アカウントを更新し、自身がPCR検査の列に割り込む様子が映った動画がインターネット上で批判を浴びたことを受け、「言い訳はしません。心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

中国のニュースサイトの観察者網に18日付で掲載された記事によると、動画には、レン・ハオがPCR検査の列に割り込もうとして周りから注意されて失敗すると、レン・ハオのアシスタントと見られる人物が、列内に空いていた約1メートルの隙間に入るようレン・ハオに伝え、レン・ハオがそこに割り込む様子が映っていた。

動画を見た人から批判の声が上がると、レン・ハオの所属事務所はウェイボー上で、「動画は4月16日に撮影されたもので、レン・ハオは当時、武劇の撮影中に足を捻挫していた。翌日の仕事に影響が及ばないように、先にPCR検査を終えたチームスタッフが列に戻ってレン・ハオの代わりに並んだ」などと当時の状況を説明。その上で「列の秩序を守らなくていい特権などないことを、本人もチームも深く理解しており、皆さまに謹んでおわび申し上げます」などと謝罪した。

中国のボーイズグループオーディション番組「創造営2019」で9位となり、「R1SE」のメンバーとしてデビューしたレン・ハオは昨年4月、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出処分をめぐり、日本が原発の周りに「大きな覆い」のようなものを建設するのを中国が手助けすべきだなどとウェイボー上に投稿してファンの反発を招き、「ファンが集団離脱」というワードがトレンド入りした。(翻訳・編集/柳川)