2022年5月30日、韓国・SBS Bizは「韓国の調査船が独島(竹島の韓国名)周辺で海洋調査を実施したことに日本政府が抗議した」と伝えた。

松野博一官房長官は同日午前の記者会見で「韓国の国立海洋調査院所属の調査船が29日、竹島の北方の日本の排他的経済水域(EEZ)内でワイヤーのようなものを海中に投入しているのを海上保安庁が確認した」と発表した。

松野官房長官は「韓国側からは、海洋調査をしているとの回答があった」とし、事前同意のない日本EEZ内での海洋調査は「即時に中止するべきだ」と主張した。

記事は「日本政府が韓国に対し、独島周辺での海洋調査について抗議したのは17年5月以来約5年ぶりのこと」「日本は現在、独島に対する不当な領有権主張を貫いており、独島周辺の海域も自国のEEZと主張している」などと説明している。

これに対し韓国の外交部は「政府は国連海洋法条約などの国際法と、韓国内の関連法令に基く正当な活動に対する日本側の問題提起は受け入れられないという立場」と反論したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「韓国の土地で韓国が調査しているだけなのになぜ?」「韓国をばかにしている」「文在寅(ムン・ジェイン)政権の時は黙っていた日本が、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権になったとたん水を得た魚のように騒ぎ出した」など日本への批判的な声が上がっている。

また、韓国政府に対しても「日本も腹立たしいけど、何も言い返せない尹大統領はもっと腹立たしい」「一体何をしているのか。日本大使を呼んで抗議するべきだ」など厳しい声が寄せられている。

その他「尹大統領にはぜひ独島を訪問してもらいたい」「BTSが兵役に就くなら、独島で勤務させるのはどう?」「BTSが一日でも独島を訪問すれば日本も何も言えなくなるだろうに」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)