1937年の「南京大虐殺」などの責任を問われた旧日本軍の軍人で、南京軍事法廷で死刑となった谷寿夫陸軍中将の名前が、中国で2021年4月に商標登録出願されていたと、中国の複数のメディアが報じた。

インターネット上での指摘を受け、代理人である雲南省の企業は25日、「当初、照会せず、谷寿夫が戦犯とは知らなかった」と回答。今月初めに取り下げをしたという。

中国では最近、南京市の寺院に、「南京大虐殺」の責任を問われ旧日本軍のA級戦犯とされた軍人らの位牌が祭られていたことが分かり、インターネット上で批判が殺到し、市が関係者を処分した。(翻訳・編集/柳川)