元卓球選手の福原愛さんが、子どもを引き取る際に元夫の江宏傑(ジアン・ホンジエ)に妨害されたと主張したことについて、江が反論した。台湾メディアのETtodayが26日付で伝えた。

福原さんは先日、台湾を訪れた際に子どもを連れ出し、その後連絡が取れなくなったと報じられ、江は24日にSNSで「昨日の夜に引き渡してから現在まで、電話にも出ないしメッセージの返信もない。これで家族に優しいと言えるのか」と不満を示した。

この件について、福原さんは25日夜に声明を発表し、江がスケジュール通りに子どもを引き渡さなかったこと、引き渡しの際に妨害されたため警察に通報したことなどを説明。子どもを連れ帰った後には無事である旨の連絡はしたとし、「連絡がつかなくなった」という状況はなかったことを主張した。

一方、ETtodayによると、福原さんの声明について江は「私は約束を破ったことも、ましてや妨害したこともなく、積極的に(約束を)履行し、進めようとしましたが、私が約束通りに協力を続ける中で、福原さんが突然、司法に訴え、家族(子ども)の気持ちと利益を顧みないやり方をしたことに、私は不安を感じています」と反論。「私は常に家族(子ども)が母親、すなわち福原さんと良好な関係を維持することを望んでおり、これまでも自分から家族(子ども)に福原さんと連絡を取るようにさせてきましたし、家族(子ども)のためにも同じ理解と善意を持ちたいと思っています」とした。(翻訳・編集/北田)