中国で、「スペインから馬で帰国する」という内容の動画をSNSに投稿して物議を醸した男性が、作り話だったとして謝罪した。

中国のSNS上で先日、「スペインから馬で中国へ帰国する途中のオランダで、動物を虐待しているとして現地の人によって警察に通報されたため、旅の続行を断念する可能性が高い」などとする動画が物議を醸していた。

中国メディアの封面新聞が24日付で報じたところによると、男性は同メディアの取材に対し、「欧州から馬で帰国」は作り話であり、現在は山西省内にいることを明らかにした。

男性によると、SNS上に投稿した動画や写真は、ネットで拾った画像などを使って「合成」したもので、「冗談のつもりだったが、ふざけすぎてしまったことを謝罪したい」と話しているという。(翻訳・編集/柳川)