2022年11月18日、韓国メディア・韓国経済は、「日本に行かず韓国を訪れる外国人たち」と題した記事を掲載した。

記事によると、日本政府が10月11日から個人旅行の受入れやビザ免除措置を再開したことが大きく影響し、先月に日本を訪れた外国人の数は前月比2倍以上急増の49万8600人となった。韓国の観光業界ではウォン安ドル高効果で米国人の入国が増え少しずつ活気を取り戻していたところだったが、こうした日本の状況を受け「韓国を訪問しようとしていた外国人の需要が日本に流れる可能性がある」として、緊張が走ったという。

しかし、実際には10月の訪韓外国人数は前月比73.9%の大幅増で、28万9590人を記録した。済州島を訪れた団体旅行の数は含まれておらず、実際のこの期間の訪韓外国人数はこれを大きく上回ると思われる。10月の訪韓外国人を国籍別に見ると、米国が20%で日本と並び1位となっている。同じ期間の訪日外国人に米国人が占める割合は11%だったという。

米国人が日本より韓国を選んでいる理由について、記事は「コロナの流行で海外旅行の道が閉ざされていた間に、K-コンテンツが北米地域で人気を博したため」だと説明。米国内でK-コンテンツの地位が高まった要因の一つは、映画「パラサイト 半地下の家族」だとしている。同作品が20年第92回アカデミー賞で作品賞など4つの賞を受賞したことで、当時、韓国に対する米国人の好感度は過去最高水準を記録したという。更に今年はNetflixのドラマ「イカゲーム」がエミー賞で6冠に輝いた。

K-コンテンツの人気はそのまま韓国への好感度上昇につながっている。20年、シカゴ外交評議会(CCGA)が米国人を対象に実施したアンケート調査で、韓国への好感度は100点満点中60点と評価された。1978年に関連調査が始まって以来の最高点だったという。韓国観光公社ニューヨーク支社が今年、ミシガン州立大学と共同で実施した調査では、回答者の10人に6人が「K-カルチャーが韓国の好感度アップに寄与している」とし、近々、韓国旅行に行きたいと答えたという。BTS(防弾少年団)やBLACKPINKに代表されるK-POPも米国で大人気となっている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「もともと日本と米国からの観光客が一番多かったんだよ。いつまでもBTSを利用せず、観光資源をもっと開発すべきだ」「観光地開発を本格的に進めるべき時期が来た」「K-POPアイドルの影響力は認めるしかない。以前は中国人、日本人ばかりだったけど、最近は欧米、東南アジア、いろいろな国の人が観光に訪れているのを感じる」「常設のK-POP公演会場が必要だと思う」「外国人に対しても、観光客へのぼったくりをやったら、もう二度と来てもらえない。ぼったくりをなくさないと」「タクシーもぼったくりが多いよね。厳罰にするべきだ」「週末は明洞(ミョンドン)、光化門(クァンファムン)など外国人も多く訪れる所でデモが多く、悪いイメージを与えそうだ」などのコメントが寄せられている。

また、「外国人に対するぼったくりさえなければ、日本より韓国のほうがいい観光地だ。知られていない名所も多い」「それでも日本にはかなわないよ。再訪問率も日本のほうがずっと高い。観光インフラも見どころも日本よりはるかに劣る韓国に何度も来たいと思うか?」「記者は本質を書くべきだ。日本と韓国を訪れた人に対し、インフラ比較、サービス比較、食べ物比較、観光地比較、もう一度よく調査してみるといい」といった意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)