2017年7月30日、米俳優ジェレミー・レナーが交際関係を否定したことで、女性タレントのジェニファー・ツェー(謝[女亭][女亭])に対して「完全に自作自演」と批判の声が上がっている。NOWnewsが伝えた。

映画「アベンジャーズ」「などで知られる米俳優ジェレミー・レナーと、俳優ニコラス・ツェー(謝霆鋒)の妹ジェニファー・ツェーとの間に交際説が持ち上がったのは昨年末のこと。香港のホテルに2人そろって姿を見せたのがきっかけだ。その後、2人の交際話はジェニファー・ツェーの口から一方的に流れていたが、今月初めにはいきなり恋人関係を否定したことで、真相は謎に包まれていた。

このほど映画「ウィンド・リバー」の宣伝でインタビューを受けたジェレミー・レナーが、ジェニファー・ツェーとの関係に初めて言及。「彼女は友達」と語り、昨年末に写真を撮られた時が初めて会った日だったと語った。なお、すでに「日々の全てを捧げている女性がいる」と告白したが、それは4歳になるまな娘のこと。彼女の日常生活に合わせて、自分の仕事も選んでいるという。

ジェレミー・レナーが「友達」と語ったことで、ジェニファー・ツェーに対してブーイングの嵐が巻き起こっている。「完全に自作自演」「本当に恥知らずだ」「ジェレミーはいい迷惑だと思っているだろう」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)