2017年7月30日、「ブタ鼻」で整形疑惑を否定した女性歌手エルバ・シャオ(蕭亞軒)だが、過去には韓国人俳優チャン・グンソクらも同様にお直しゼロをアピールしている。中国時報が伝えた。

女性歌手のエルバ・シャオがこのほど、夜中にインスタグラムを通じてライブ配信を行い、顔を強くひねったり「ブタ鼻」をしたりという奇行を見せた。画面では少々酔っているように見えるが、顔面をいじることで整形疑惑を否定した。なお、エルバ・シャオは目を二重にしたことを自ら認めているが、それ以外の部分については手つかずだとしている。

こういった「ブタ鼻」アピールは、美容整形疑惑を否定したいタレントたちの常とう手段のようだ。シンガポール発の双子姉妹ユニットBY2は、デビュー当時とは別人のように顔が変わり、その顔面にばかり世間の関心を集めている。昨年、あるイベントで記者の求めに応じて「ブタ鼻」を見せたが、指にほとんど力が入っていなかったと報じられた。

モデルで女優のアンジェラベイビー(楊穎)は15年、北京の病院でナチュラル美人を証明し、結果を公開している。この時、診察室にメディアを入れて、医師が顔面を強く触る場面を撮らせている。

韓国の人気俳優チャン・グンソクも、その整った顔が本物だと証明して見せた1人だ。過去にあるテレビ番組で、両手の人差し指を鼻の穴に入れて持ち上げ、お直しゼロをアピールしている。(翻訳・編集/Mathilda)