2017年8月7日、モデルで女優のリン・ホン(熊黛林)が小柄な付き人を連れて歩く様子について、2人のあまりの身長差が話題になっている。鳳凰網が伝えた。

この写真は先日、北京で行われた映画「S.M.A.R.T.Chase」の発表記者会見に、リン・ホンが出席した時に撮られたもの。モデル出身で身長179センチのリン・ホンが小柄な付き人女性と並んで歩く姿は、2人の身長と目線の高さがあまりに違いすぎると話題に。ネット上では「異星人を連れた巨人のよう」などといったコメントが見られる。

女優の中でも特に背の高いリン・ホンだが、それとは逆に公私においては小柄な男性とばかり縁があるようだ。リン・ホンのかつての恋人で、長年交際していたのが歌手で俳優のアーロン・クォック(郭富城)。身長は170センチそこそこと言われる。また、女優としてブレークするきっかけになったのが、ドニー・イェン(甄子丹)主演の「イップ・マン」シリーズ。アーロン・クォックと同じく170センチ程度と言われるドニー・イェンの妻役を演じ、夫婦の身長差が「萌えポイント」として話題になった。(翻訳・編集/Mathilda)