2017年8月9日、今年6月に娘の存在を明かして世間を驚かせた俳優マイク・ハー(賀軍翔)が、「次は男の子がほしい」と語っている。聯合報が伝えた。

マイク・ハーは今年6月、フェイスブックを通じて入籍とすでに長女が誕生していることを発表。台湾メディアによるとお相手は中学時代の同級生で、赤ちゃんは今年初めにグアムで誕生していたことも明らかになった。

9日、台北市内で行われた高級時計・ロンジン(Longines)によるセレモニーに出席したマイク・ハーが、長女の最近の様子について語った。すでに座ることができ、「自分の足を食べるパフォーマンスを見せてくれる」と目を細めて話すなど、まな娘にぞっこんの様子だ。海外での仕事で2週間ほど家を空けた時は、会いたくてたまらなかったという。

このほど初めての父の日(8月8日)を迎えたが、赤ちゃんが小さすぎて、特に何のお祝いもしなかったという。自分の持っている高級時計などを譲る相手として、「次は息子がほしい」と語ったが、実は子だくさん家庭を作る願望も。本当はバスケットボールチームができるほどほしいのだが、「それは奥さんの意向を聞いてから」と笑顔で話している。

間もなく中国ドラマ「動物系恋人[口阿]」の台湾ロケがあり、続いて中国で時代劇ドラマへの出演が決まっている。家族のためにも、一緒に過ごす時間を犠牲にして仕事に励む覚悟だという。(翻訳・編集/Mathilda)