台湾の女優リン・チーリン(林志玲)とEXILEのAKIRAの結婚式および披露宴に向けて、その詳細が少しずつ明らかになり、開催場所となる台南市や日台の観光を後押しする配慮もなされている。

今年6月に結婚を発表した2人は今月17日、リン・チーリンの父方の出身地である台南市で結婚式&披露宴を行う。選ばれた場所は市内にある台南市美術館(1館)で、1931年(昭和6年)に完成したアールデコ建築物であり、第二次大戦後は台湾警察署として長年使われてきた。内部にある吹き抜けの美しい中庭で披露宴が行われることになっている。

少しずつ詳細が明るみになっているこの披露宴だが、リン・チーリンのマネジャーが「家庭的なパーティーになる」と語っていたとおり、親戚や親友を100人ほど招き、計12卓を用意したものになる予定。芸能界からは、人気女性タレントの小Sことシュー・シーディー(徐熙[女弟])や、司会者のツァイ・カンヨン(蔡康永)の出席が明らかになっている。

料理を担当するシルクスプレイス・ホテル(台南晶英酒店)によると、披露宴は午後5時の閉館後にスタート。料理のメニューには台南の名物を取り入れ、今後の観光促進を後押しするほか、新郎が静岡県出身ということで地元の食材も使用し、日台の交流や観光にも貢献するという。

14日、招待客に配られたお菓子の内容を台湾メディアが報じているが、日本の洋菓子店・YOKUMOKU(ヨックモック)のクッキーの詰め合わせとなっている。毛筆書きと思われる招待状はすべて、リン・チーリンの父親が1枚ずつ手書きしたもの。「Just Married」と金文字で書かれた新郎新婦のツーショット写真も添えられている。(Mathilda)