2020年1月15日、中国メディアの騰訊網は、EXILEのAKIRAと結婚したリン・チーリン(林志玲)について、雰囲気が「日本のかわいらしい女性」へと変わったとする文章を掲載した。

文章はまず、「もともと多くのファンが、『チーリン姉さんは仕事に重点を置き続けて恋愛をしていないのではないか』と案じていたところに、突如交際宣言をすっ飛ばしてあっけらかんと結婚の発表をした。しかも夫が日本のスターということで、多くの人は本当に『不意打ち』を食らったことだろう」とした。

その上で、「当初は日本人との結婚について多くの人が懐疑的な見方をしていたものの、結婚後に夫とのツーショット写真が公開されるたびに、2人の仲が非常に良く、ファンたちが過度に心配するには及ばないことをうかがわせる」と評した。

また、結婚から半年以上が経過した現在、リン・チーリンの雰囲気に変化が生じたとし、「もともとチーリン姉さんは成熟したあねご的な雰囲気を醸し出していたが、日本人の夫を持ったからなのか、近ごろの写真を見ると日本のかわいらしい女性のように見える」と説明した。

そして、「これまで美女オーラを出し続けてきたチーリンが、たちまち小鳥のように夫に甘える女性に変身した。髪形や着こなしも日本の女性っぽくなっている。総じて、一層かわいらしくなった。自分の夫のためにこれだけ変わるということは、2人の仲がそれほどいいということだろう。ファンとして、この夫婦を大いに祝福しようではないか」としている。(翻訳・編集/川尻)