台湾メディアの中国時報(電子版)は19日、リン・チーリン(林志玲)と結婚したAKIRAが所属するEXILEが「台湾版紅白」に出演したことについて、「日本でこれほど大きく報じられるのは珍しい」と驚きをもって伝えた。

台湾電視(TTV)で24日に放送される春節(旧正月)の特別番組「超級巨星紅白芸能大賞」(※「台湾版紅白」とも呼ばれる)の収録が12日に台北アリーナで行われ、AKIRAを含めたEXILEのメンバー15人が出演した。

中国時報は、「『国民の姐夫(義兄)』AKIRAが台湾で出演、リン・チーリンとのラブラブエピソードがなんと日本でも話題に」と題する記事で、EXILEの“台湾版紅白”出演が日本でも大きく報じていることを紹介。「日本のスポーツ紙で2分の1ページが割かれるほど大きく扱われた。これは相当珍しいことだ」などと伝えた。

記事はこのほか、AKIRAが記者会見で「お待たせしました。久しぶりの海外での出演です。喜んでもらえたらうれしいです」と流ちょうな中国語であいさつしたこと、ボーカルのATSUSHIの「EXILEメンバー全員が台湾に集まったのはAKIRAの結婚を祝福するため」とのコメントにAKIRAが顔をほころばせたこと、リン・チーリンがメンバーが滞在するホテルの部屋にプレゼントと直筆の手紙を用意していたことなどを伝えた。(翻訳・編集/北田)