今年の“台湾版紅白”には日本から人気グループのEXILEが出演しているが、メンバーのAKIRAと昨年結婚した女優のリン・チーリン(林志玲)が、観客席でパフォーマンスを見守っていたことが分かった。

旧暦大みそかに放送されている台湾電視(TTV)の年越し番組「超級巨星紅白芸能大賞」は、“台湾版紅白”とも紹介される毎年恒例の人気番組。今年は今月24日の夜7時(現地時間)から放送される予定で、台湾および海外から24組が出演。昨年、台湾の女優リン・チーリンと結婚したAKIRAが所属するEXILEもその1組で、今月12日に台北アリーナで行われた収録に参加している。このステージにはメンバー15人全員がそろったことから、「リン・チーリンおよび台湾に対して誠意を示した」と現地メディアが報じている。

12日の収録当日にはリン・チーリンも客席に姿を見せ、AKIRAのパフォーマンスを見守っていたことが明らかに。このステージでEXILEは楽曲「Head or tails」を披露し、さらにステージ上で行われたくじ引きの賞品には、リン・チーリンが毎年販売しているカレンダーが登場して会場が盛り上がるなど、華やかな雰囲気だったことが報じられている。

「超級巨星紅白芸能大賞」は台湾のほかに、マレーシアの衛星放送「Astro」、シンガポールの「Star Hub」と「Media Corp」など、海外でも同時に放送される。(Mathilda)