台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が1日の児童節(中国の「子どもの日」)に合わせ、中国四川省の小学生800人余りにハンドソープなどが入った「衛生セット」をプレゼントした。中国のネット上には「美しくて善良」などの声が寄せられている。

EXILEのAKIRAとの結婚で日本でも注目を浴びたリン・チーリンは慈善活動家としても知られる。中国メディア・人民網の1日付記事によると、このほど衛生セットが贈られたのは昭覚県(涼山イ族自治州)の小学校2校に通う子どもたち。四川省科技扶貧基金会と連携したプロジェクトで、内容量は1学期使っても十分な量だそうだ。この他、手洗い、洗顔、洗濯などの衛生習慣を正しく身に付けてもらうためのコンテンツも用意された。

今回の衛生セット贈呈活動は四川、雲南、貴州、寧夏、内モンゴルの山間地域にある11の小学校が対象で、今月末までに子どもたちに行き届く予定という。

リン・チーリンは1日、自身の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「児童節おめでとうございます。みなさんにプレゼントを用意しました。衛生セットに何が入っているか予想してみてください。頭から足まできれいに洗える秘密がここにあります」と、子どもたちへのメッセージを投稿。これにネットユーザーからは「美しくて善良」「プラスのエネルギーだ」「子どもたちの成長を一緒に守ろう」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)