新型コロナウイルスの影響を受けて休業していた、中国各地の映画館はこのほど、半年ぶりに営業を再開しました。この1週間の興行収入は合わせて1億元を超えました。

統計によりますと、再開初日の今月20日から25日までで、興行収入はおよそ1億497万元、日本円にしておよそ22億円に達しました。また、各地の映画館の営業再開率は、初日は10%ほどでしたが、25日には43.63%にまで上がりました。1日当たりの興行収入は、初日は350万元で、25日になると、およそ3315万元まで上昇したということです。(提供/CRI)