中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングで日本の女優・石原さとみが1位になった。

中国のエンタメメディアの新浪娯楽などは3日、日本の報道を引用する形で、石原が昨年のうちにすでに婚姻届けを提出していたことを伝えた。新浪娯楽は「石原さとみは昨年10月1日に結婚を発表したが入籍はしておらず、年内には入籍したいとの意思を示していた。おめでとう!」と微博アカウントで投稿した。

これを受け、微博では4日午前8時の時点で「石原さとみが昨年すでに証明書を受け取る(証明書は結婚証明書のこと。正式な入籍を表す)」がランキングの1位に。ネットユーザーからは「おめでとう!」「女神!幸せになってね」「わが妻よ、お幸せに(中国では推しを「妻」と呼ぶことがある)」「僕の嫁がついに正式に結婚したか」といった声や、「なぜ二度も傷付けるんだ」「去年あれだけの人がショック死したというのに」など結婚に関する報道に再びショックを受ける声、「大丈夫、僕にはまだガッキー(新垣結衣)がいる」と自身を勇気づける声が寄せられた。

このほか、「このニュース、前に見たことある気がする」「あれ?去年10月に結婚したんじゃなかったの?」など、結婚発表と同時に入籍も済ませたと思っていたユーザーも少なくなかった。

石原は中国で「10元(「石原」と中国語の発音が同じ)」の愛称で親しまれ、昨年の結婚発表では「ロス」に陥る人が続出した。(翻訳・編集/北田)