2020年11月26日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相の会談で起きたあるハプニングが韓国のネット上で話題となっている。

韓国・ニューシスによると、訪韓中の王外相は同日午後4時から韓国大統領府で文大統領と会談した。会談前に行われた記念撮影の際、文大統領は新型コロナウイルス対策のため握手の代わりに握ったこぶしを突き合わせる「グータッチ」をしようと王外相に向かってこぶしを突き出した。しかし王外相は、正式な握手を考えていたのか「パー」の形で手を差し出した。文大統領と王外相がまるでじゃんけんをしているような状況となり、一瞬「気まずい」雰囲気が漂ったという。

文大統領は思わず笑顔をこぼし、手を広げた。すると王外相は安心した様子で文大統領の手をつかんだという。ただその際、王外相の左手は文大統領の右腕に添えられていたという。

王外相は17年12月、文大統領の就任後初となる中国訪問時に行われた歓迎会で「外交欠礼」問題を起こしていた。王外相は文大統領とあいさつを交わす際、文大統領の左腕を軽くたたいた。長官級が相手国の首脳の腕を触ることは明らかな「欠礼」に当たる上、王外相は同年7月にドイツで行われたG20首脳会議でも文大統領の腕を強くたたいて物議を醸していたため、韓国では「意図的ではないか」と批判の声が上がったという。

これに韓国のネットユーザーからは「じゃんけんすら中国に負けるのか」「そこは勝たないと!」「チョキをだしておくべきだったのに」と突っ込む声が上がっている。

また、「また左手を文大統領の腕に当てている。文大統領を見下している証拠だ」「どっちが大統領でどっちが外相なのか分からない」「中国の外相にまでそんな態度をとられるとは」など、王外相の態度を問題視する声も多い。

その他「握手するのになぜマスクをしていないの?」「こんな時なのに手に触れる必要がある?少し離れた所から目を合わせてあいさつすればいいのに」とコロナ対策に不安を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本)