台湾における2017年1月から5月までの新生児数は、前年同期比で1〜2000人減少しており、今年1年間の新生児総数は20万人を割り込む可能性が出てきた。台湾中央社、台湾・聯合新聞網の報道を引用して中国新聞社が伝えた。

台湾産婦人科医学会の統計データによると、2017年に入り、新生児数は明らかに減少傾向にあり、3月の1万8000人を除き、他の月は軒並み1万5000人レベルにとどまっている。

同学会の黄閔照・事務局長は、次の通り話した。

「台湾全体の新生児数は、2010年に約16万6000人まで落ちこみ、底を打った。2011年は19万6000人までに回復し、2012年は『辰年』の恩恵を受けて22万9000人まで増加した。だが、2014年には再び19万9000人に減少した」。

「2014年から2016年まで、台湾全体の新生児数は20万人以上を維持したが、減少傾向には歯止めがきかない。このままでいくと、今年の新生児数は18万人まで落ち込み、10年ぶりの最低記録を打ち立てるかもしれない」。

「理想的な合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の平均数)は2.1人で、このラインを維持できて初めて、人口は横ばいで推移可能だ。だが、現在の台湾では、この数値は1.0人にも達していない」。(提供/人民網日本語版・編集KM)