2017年7月18日、中国紙・環球時報は、パキスタンのニュースサイト「Dunya」が17日、「中国が月曜日にインドとの国境地帯でインド側にロケット砲を発射し、インド軍兵士少なくとも158人が死亡した」と報じたことについて、「偽ニュースであることが明らかになった」と伝えている。

環球時報によると、Dunyaが数枚の写真付きの英語の記事でこのように報じたことに対し、ツイッター認証済みアカウントの「Pakistan Defence」は「中印がシッキム地域で開戦したことを証明する独立した調査はない」と投稿し、デマを打ち消した。これらの写真はインドとパキスタンのカシミール地域での衝突時のものだとする別の指摘も出ている。

パキスタンの報道関係者は、Dunyaが配信した情報と写真の出所について「インターネットとソーシャルメディア」と話している。問題の写真はその後削除された。(翻訳・編集/柳川)