35度という暑い天気の中、習い事9つを掛け持ちする山東省泰安市の小学生・李星澤くん(9)。水泳、相声、モデルウォーキング、ピアノ、作文、英語など、習い事が1つ終わると星澤くんはすぐに別の習い事へ向かわなければならない。母親の杜さんは、息子に大きな期待を抱いており、「子役スター」にするため、そのトレーニングの厳しさは並大抵ではない。大衆網が伝えた。

朝8時半、星澤くんと母親はまずスイミングスクールに到着。

ここで、この日の水泳の授業が始まる。

この日のレッスン内容は「バタフライ」。母親の杜さんは、「水泳は子供の水に対する感覚を養い、生きていくために必要なスキルの一つ」と話す。

水泳の次は、中国カンフーの武術のレッスン。星澤くんは武術を習い始めてすでに2年目。

フロントキックやサイドキックなど、コーチの指導のもと、足腰の力と、柔軟性を鍛える。

水泳の時に耳に入った水を、「カンフー」で叩き出すコーチ。

「力量を鍛えることで、星澤くんの反射神経と身体能力を高めている」と話すコーチ。

武術のレッスンが終わると、今度はモデルウォーキングのレッスンへ。

以前、あるドラマのぽっちゃりした子供の役を演じたことがある星澤くん。母親は、星澤くんの演技力とその品格を様々なトレーニングで鍛えたいと話す。

午前中のすべてのレッスンを終えた星澤くんは、母親に連れられ、近くのレストランバイキングで「たっぷり食べてもいいわよ」と母親に言われた星澤くん。

少しの休憩を挟んだ後、作文の授業がスタート。塾の他の生徒達はすでに揃っており、仕方なく一番後ろの席に着く星澤くん。星澤くんは「作文の授業は、一番苦手。お母さんに言われて申し込んだ。一番好きなのは武術」と話す。

午後3時時点ですでに習い事3つをこなした星澤くんは、疲れた様子で机に突っ伏す。

作文の授業の次は、司会進行の授業。ちょうど一番熱い時間帯で、汗だくの星澤くん。他の生徒達はすでに席に着いており、慌てて自分の席を探す星澤くん。

生徒たちに標準語の発音を教える先生。

発音の練習を終えると、生徒たちの頭の上に1冊の本を乗せ、姿勢を正し、口に箸を1本くわえて笑顔の練習。お手本として、前に立たされる星澤くん。

9時からは数学の授業。今日は「3桁と2桁のかけ算」を教わる星澤くん。

説明が終わると、星澤くんに問題を解かせ、要点と計算方法をしっかり身に着けたかチェックする先生。

数学の授業の次は英会話レッスン。星澤くんの表情はどこか物憂げだ。

午後は、星澤くんのボイストレーニングの授業。星澤くんにこの日のレッスンのポイントを話す先生。

この日最後のレッスンは日本の漫才に相当する「相声」の稽古。師匠の家が遠いため、母親とスクーターで長距離を移動する星澤くん。相方の子はとっくに到着して待っていた。

稽古場の舞台で相声を披露する星澤くんと相方。彼らの動作や表情についてアドバイスを与えた上で、再度同じ部分を演じさせる師匠。

星澤くんの母親は、「息子の習い事には1万元(約17万円)ちかく費やしており、自動車が買えてしまうほど。息子にこれだけの数の習い事をさせるのは、努力を惜しまない精神を鍛えさせるため」と話す。

1日の大半を習い事に費やす星澤くんは、ゲームをする時間もないことがある。「息子はほとんどゲームをしないし、テレビを見る時間も少ない。習い事が多くてそんな暇はないから」と母親は言う。(提供/人民網日本語版・編集TK)