2017年7月29日、韓国でドローンを使った盗撮被害の訴えが増える中、通報を受けた警察の対応が問題になっている。韓国・YTNが伝えた。

7月25日、韓国のツイッターユーザーが自宅マンションのエレベーターにあった貼り紙の写真を掲載した。「ドローン隠しカメラ犯に気を付けて」と大書された貼り紙には、「ドローンに装着したカメラで、自宅で着替えているところを外から盗撮された」との被害の訴えと、「類似の被害を受けた人は速やかに警察に通報してほしい」との呼び掛けが書かれている。

韓国では、公衆トイレや更衣室などでの隠しカメラによる盗撮犯罪が広く社会問題になっているが、近年ドローンの利用が一般化したことで、ドローンを使った空中からの盗撮も現実化しているようだ。上記の写真はSNSで波紋を呼び、多くの女性が「海辺に行くとドローンがビキニ姿の女性の周りをぐるぐる回る」「海水浴場にある屋外更衣室でドローンを見た」などの証言を寄せた。

しかしこうした盗撮被害の訴えに、警察はまともに対応していないとYTNは指摘する。

先のエレベーターの件は、6月23日に大田(テジョン)市内のマンションで発生したものだというが、警察は防犯カメラの確保に失敗、被害者の供述調書も作成せずに撤収しており、担当の大田中部警察署は被害者通報から1カ月が過ぎてもこの事実を知らずにいたという。警察は「通報者の話を聞いて事実関係を積極的に把握すべきだったが、当時現場に駆け付けた警察官の対処に未熟な点があった」と認め、今月29日になってようやく捜査に着手したそうだ。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「警察はいつもそう。通報を受けるだけ受けて遊んでる」「無能な警察が多過ぎる」と警察のずさんな対応を批判するコメントや、盗撮犯に対して「ドローンは盗撮するために開発されたんじゃない。これだから韓国人は嫌だ。これからはドローンにも撮影音を付けなきゃ駄目かな」「これ以上を男に恥をかかせないで」などの非難の声が上がっている。

また、「警察だけでなく、社会全般に盗撮犯罪に対する警戒心が足りない」「過度な自由がこういう問題を生み出す」と社会に警鐘を鳴らすユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)