中国駐福岡総領事館、福岡県日中友好協会、九州地区の日中友好協会の共催による「2017年九州中日友好交流大会」が18日午後、福岡市で開催された。在日本中国大使館の程永華大使、江蘇省の陳震寧副省長、中国駐福岡総領事館の何振良総領事、福岡県の小川洋知事、福岡県日中友好協会の松本龍会長、九州地区の日中友好協会の海江田順三郎会長、日本の村山富市元首相が同大会に出席し、挨拶を述べた。また、九州地区の各県の日中友好協会・友好団体、華僑団体、中国企業、華僑華人、経済界の代表者など、約300人が出席した。人民網が伝えた。

程永華大使は最初に、九州地区を襲った豪雨被害の被災者に対し心からのお悔やみを述べ、一日も早い復興を願った。程永華大使は挨拶の中で、「現在、日中関係は全体的に改善の方向に進んでいるが、依然として複雑な要素による影響にも直面している。両国関係の正しい方向への改善・発展を推進させ、両国の責任感や使命感を強化し、日中間の4つの基本文書と4つの原則的共通認識を遵守し、重要でデリケートな関連問題を適切に処理し、両国関係や政治基盤の保護に尽力する必要がある」と語った。

今年は日中国交正常化45周年にあたり、来年は日中平和友好条約締結40周年。程永華大使は同大会の出席者に対して、「この重要な2年間の中で、日中双方が両国関係の大局を念頭に置き、両国国民の双方向の交流を拡大させ、協力内容をより実務的に充実させるという3つの分野で積極的に役割を果たしていくべき」と呼びかけ、「日中友好の根底にあるものは民間交流であり、『九州日中友好交流大会』は5年連続で成功を収め、両国国民の相互理解と友好的な感情を増進するために積極的な役割を果たしている。この大会のプラットフォームを利用して代表者との交流を強化し、両国関係の改善・発展のためにより多くの共通認識を集結させ、両国の友好交流や互いの利益協力推進のために、多くの具体的な行動を実行に移してほしい」とした。

中国駐福岡総領事館の何振良総領事は挨拶の中で、「九州地区では長期間にわたって、中国との友好関係の最前線に立ち続けている。今年の日中国交正常化45周年の機会を利用して、九州の各界がみなぎる熱い思いとたゆまぬ努力を続け、中国各地の交流・協力をより強化し、九州地区の日中友好交流事業を新たなステージに押し上げていってほしい」と語った。

そのほか、福岡県の小川洋知事、福岡県日中友好協会の松本龍会長は挨拶の中で、「日中両国の友好発展はアジア地区ひいては世界の平和や安定に重要な作用を及ぼす」と強調し、「日本と中国は一衣帯水の隣国であり、九州は中国に最も近いエリアである。双方は今後とも共に友好の絆を強め、努力し続けていくべき。日中国交正常化45周年、福岡県と江蘇省との友好提携締結25周年という、この記念すべき年に、江蘇省との交流・協力を一層深めるために、日中両国の友誼発展、たゆまぬ努力を促進していくことを願っている」と語った。

また日本の村山元首相も同大会に出席し、日中国交正常化実現に至るまでの困難を振り返り、自身が中国を訪れた際の印象深いエピソードを話した。村山元首相は、「日中両国がアジアの発展、平和、繁栄のために共に手を取り合って協力することは重要な意義をもつ。中国の発展によって、日本は恩恵を受け、日本の発展によって、中国も同じように恩恵を受ける。双方は互恵・ウィンウィン、共同発展の関係構築に尽力すべきだ。5年連続で成功を収めている『九州日中友好交流大会』が日中友好の歴史の新たな1ページを作るために、より大きな作用を及ぼすことを信じている」と語った。

第1回大会は2013年9月に開催され、今年で5回目を迎えた。同大会はここ数年間で日中関係の改善・発展が徐々に回復していった過程を示すだけでなく、大会自体も勢いよく発展しているといえる。同大会は、日中双方がどのように友好を推進していくかを議論するための重要な交流プラットフォームとして、両国の民間・地域における友好的な結びつきの強化、両国国民の相互理解や信頼の強化に重要な作用を及ぼすために、九州地区で最も影響力のある日中民間友好交流活動の一つとなっている。(提供/人民網日本語版・編集YK)