婚活サイト大手「世紀佳縁」はこのほど、不動産大手「鏈家」と共同で「新婚用住宅」をテーマとした結婚観調査研究報告を発表した。同報告から、「住宅=お金=愛情」という結婚観を抱く独身男女が全体の約半数を占めることが明らかになった。華商報が伝えた。

〇「新婚用住宅は賃貸でもOK」の女性はわずか1割

一線都市における新婚向け住宅価格は現在、圧倒的多数の人にとって「法外な値段」となっている。このため、多くの独身女性にとって、結婚相手を選ぶ際の「最優先」条件は、「マイホームを持っていること」だ。調査研究によると、独身女性のうち、「独身者は結婚前に夫婦用の新居を準備すべき」と考える人は57%に上り、独身男性より16ポイント高かった。特に、一人っ子の女性の場合、この割合は68%に達した。

「男性側が新居を用意できない場合、女性側が準備する」との選択肢については、独身女性の52%が「ノー」と答えた。一方、その選択肢を「ノー」とした独身男性は18%にとどまった。多くの男性にとって、このような状況は、自分自身が「居候」になったような感覚がするようだ。結婚相手がすでに新居を準備している場合、「不動産権利書に自分の名前も追加登録するように求める」とした女性は14%と、男性の約2倍に上った。

また、「新婚用住居は相手方が準備すべきで、自分は用意する必要はない」と考える独身女性は69%に達した。「新居は賃貸物件でも構わない」とした女性はわずか1割にとどまり、半数以上の女性が、「新居が賃貸という選択はあり得ない」としている。「家が自己所有でないと、安心感が得られない」というのがその理由だった。

〇独身男性の6割、「新居を用意できず相手に振られた」

統計データによると、独身男性の6割と独身女性の5割が、「自分の周囲に、『新居を用意できなかったため相手に振られた』といった悲しい事例を見聞きしたことがある」と答えた。

「新居を用意できず相手に振られた」独身者の割合が最も高い都市トップ3は順に、鄭州(67%)、上海(64%)、天津(63%)。鏈家研究院の統計データによると、独身男女の約5割が、新居の理想の間取りとして、「専有面積90-120平方メートルの3LDK」を挙げた。だが、現実には、「専有面積60-90平方の小ぶりの間取り」を選ぶ人が多かった。

「世紀佳縁」恋愛・結婚専門家の張佳■(■は草かんむりの下に内)氏は、次の通りコメントしている。

「調査報告の中で、独身女性の過半数が、『新居無しなら結婚しない』と決心している。これは、社会における結婚観にずれが生じていることを表しているといえよう。恋愛の激情に任せて『裸婚(家や車を持たず、裸一貫からスタートする結婚)』に走ることは決してお勧めしないが、お互いに惹かれあっているのかどうか、価値観が一致しているかどうか、性格的に相手を受け入れて理解できるかどうかなどが、男女双方が恋愛中にしっかり見極め、十分に考慮すべきポイントだ」。(提供/人民網日本語版・編集KM)