2017年7月20日、韓国・ヘラルド経済は、夏本番を迎え、ソウルの地下鉄で毎年この時期に起こる乗客同士の「戦争」が今年も始まったと伝えた。

夏場になると、ソウルの地下鉄を運営するソウル交通公社には車内空調に関する乗客からの苦情が相次ぐ。一方から「寒い」と苦情が入り冷房を弱めると、また一方の客が「暑い」と対抗するといった具合だ。公社側は、「冷暖房取り扱い基準」に準じて地下鉄の客室温度を管理しており、一般車両は24〜26度、弱冷房車両は1〜2度ほど高い温度設定としているが、乗客の苦情に応じて調節する例もあり、夏場、多い日には数千件の苦情が届くという。

同公社によると、今年1〜6月に地下鉄に関し寄せられた苦情28万5933件のうち、5〜6月に寄せられた冷房に関する苦情が全体の40.8%(11万6096件)に達する。内訳では「暑い」との苦情が10万350件、「寒い」とする苦情(1万6566件)の6倍以上に上った。

また、5〜6月の苦情件数を年度別にみると、2014年は6万5532件、15年8万1059件、16年10万4476件と、毎年増加しているのが分かる。公社は、暑さが続く9月までの件数を含めると苦情の数はさらに増えると説明している。

公社で地下鉄2号線を担当するチョン次長は、つい最近も判断に悩む経験をした。同じ地下鉄車両内で2人の乗客が相次いで「寒い」、「暑い」とそれぞれ苦情を入れたのだ。チョン次長は「最終的には、一方の乗客の了解を求めなければならない場合が多い」とし、「猛暑がピークに達する来月が気になる」と不安を語った。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは4000を超えるコメントが集まっているが、男性の投稿が7割を超えることも関係してか、そのほとんどが「車内が暑い」とする側のものだ。

コメント欄には、「寒がりの人は上着を持ち歩けばいい」「寒いなら1枚着ればいいけど、暑いからといって服を脱げば捕まってしまう」「韓国で働く男性の一般的な服装は長ズボン、ワイシャツ、さらにスーツスーツまで着る。しかし、女性はショートパンツかスカートにノースリーブか半袖Tシャツ。男性も涼しい服装にしたいけど難しい」など、「車内が寒い」とする側に対応を求める声が多く並んだ。(翻訳・編集/三田)