2017年7月21日、日本の朝の情報番組で発表された「女子中学生の間ではやっているものトップ10」で、韓国発祥のものが1・2位に並んだほか全部で3つランクインし、韓国でも話題を集めている。

ランキングの1位は、6月末に華々しく日本デビューを果たした韓国のガールズグループ「TWICE」。日本のこれまでの「韓流世代」よりも若い10代女子を中心とした人気を立証する形となった。番組では、TWICEの代表曲「TT」の振り付けに登場する「TTポーズ」が、日本の女子中学生だけではなく男子の間でも人気を呼んでいると紹介された。

韓国では、TWICEが1位に入ったとの内容はメディアで大きく報じられたものの、他に2つ「韓国発」のものが入っていることに注目したのは、一般のネットユーザーたちだ。韓国のネット掲示板には番組放送から間もなくランキングを知らせるスレッドが立ち、TWICEの他、2位の「電球ソーダ」、8位の「スタイルナンダ(3CE)」が「韓国のもの」と伝えられた。

電球ソーダは、韓国ネットでも「初めて聞いた」「日本から来たもの?」との声が上がったように、世代が違うのか知らない人もいたようだが、韓国の若い女性を中心に昨年ごろから話題になったドリンクだ。ピカピカ光るかわいい電球型ボトルが「インスタ映え抜群!」と、日本でも韓国に負けず受けているという。

スタイルナンダ(3CE)は、韓国の通販からスタートした女性向けファッション・コスメブランド。日本には昨年春から本格的に進出し、今年5月には東京・原宿に日本初となるフラッグシップストアをオープンした。

TWICEの1位は韓国のネットユーザーにとってもまずまず予想の範囲内だったようだが、2・8位にも韓国のものがランクインした結果には、「本当にびっくりした」「(日韓は)お互いを嫌っているといいながら、興味はあり過ぎるみたいだね」といった反応が寄せられている。(編集/吉金)