2017年7月22日、中国メディアの環球時報が、中国産落花生からカビ毒が検出されたため、日本のメーカーが5万2000袋を緊急回収したと伝えた。

岐阜市保健所は21日、同市の稲葉ピーナツが販売した中国産落花生から基準値を超えるカビ毒「アフラトキシン」が検出されたとして、27都府県に出荷した約5万2000袋の回収を命じた。

報道によると、検出されたカビ毒「アフラトキシン」には発がん性がある。回収対象は、140グラム、260グラム、300グラムの3種類で、賞味期限は8月19日〜9月9日までのものだという。

公式ホームページによれば、今回カビ毒が検出された落花生は中国山東省が産地だという。また、日本メディアの報道によると、問題の落花生は中国で加工されたものとされているが、カビ毒が発生した原因については伝えられていない。そのため記事は、カビ毒の原因が生産時の問題なのか、流通時の問題なのか、はっきりしていないとしている。

中国では「日本への輸出品は質が高い」という認識があるため、ネットユーザーからは「日本への輸出品でもこういうことが起きるのか」と驚きの声が寄せられたほか、「これが中国だったらとっくの昔にお腹に入っているな」など、中国で食品安全が軽視されていることを皮肉るコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/山中)